ゲーム『怪盗天使ツインエンジェル』とは?

ゲーム『怪盗天使ツインエンジェル』について調べてみました。

新ジャンル「アクティブスロットADV」とは?

アドベンチャーパートを進行中、イベントなどによって敵に遭遇するど戦闘゙が発生します。戦闘はターン制で、プレイヤーと敵の行動ターンが交互に実行されます。

自分のターンでは、きゃたくたーを選んで行動を開始すると、スロットが作動。

ボタンを押す毎に演出が入り、揃った目に応じて敵に与える効果が変化する他、体力ゲージ下にあるナビゲーション(ボーナスモードやエンジェルタイムの発動に必要)が溜まっていきます。

自分の攻撃ターンでは「制限時間」が残っている間、選択したキャラクターが連続して行動できます。

「制限時間」が0になった時点で自分のターンは終了し、敵の行動ターンへと移行。

敵の攻撃によってHPが0になったキャラクターは戦闘不能になり、メンバー全員のHPが0になった場合、プレイヤーは戦闘に敗北となってしまいます。

ちょっと難しいかも?と思ったパチスロ未経験者の方もご安心下さい。スロットバトルは、実際のスロットの知識もテクニックも全く不要です。

戦闘ルールを説明するチュートリアルや難易度調節もご用意しています。

 

怪盗天使ツインエンジェルとは?

2006年に「怪盗天使ツインエンジェル」のパチスロ実機が登場。オリジナルキャラクターたちが活躍するパチスロ機は、古賀誠先生がキャラクターデザインを手掛け、田村ゆかりさん、能登麻美子さん等豪華声優陣を起用するなど、多くのファンの皆様から支持を得ました。

翌2007年10月号からは、月間コンプエース(角川書店)でコミック連載がスタート。

2008年にはスロットからは初となるOVAが全2巻で発売されました。

2009年春には後継機となる「怪盗天使ツインエンジェル2」が登場するとまたたくまに人気が高まり、関連グッズやCDなど数多くの商品も登場。

5周年となる2011年は、「Prpject TA」として、TVアニメ化をはじめとする大きなメディアミックスを展開。ゲーム化もこの「Prpject TA」のひとつに位置します。

こうした経緯を経て、今やツインエンジェルは萌えスロ発のコンテンツとして、認知され、多くの皆様に愛され続けています。

 

とにかく面白い!

怪盗天使ツインエンジェルはとにかく面白いのでハマりましたね。いまだに暇なときは遊んでいるぐらいです。

ちなみに、私は看護師をしているんですが、仕事の休憩中にもこのゲームをして暇をつぶしてます。

プレイステーションポータブルなので、持ち運びも便利ですし。怪盗天使ツインエンジェルは最高のゲームですね(‘ω’)ノ